6-choreographers interview

ユニユニ振付家対談2

平澤智 木下菜津子 山本崇史 打越麗子 yasco 大塚幸太

本記事は2017年に公演された「メモリアポコ」パンフレットに記載されました。

大塚 「それにしても今回は、自分抜いて5人の振付師というね。超贅沢でした!それぞれのナンバーにそれぞれの特徴があって見ていて楽しかったな。

    特に「雨」のナンバーはこの5人が各セクションで分けて振付お願いしましたが、本当にそれぞれの色が見事に融合してたなと思う」

 

yasco 「今回は再演且つ、他のジャンルのダンスを融合させる再構築型だったから、自身で創ったものを一旦壊して、新鮮な気持ちで向き合うのが少し難しかったよ。

    タップは物理的な制約がいっぱいあるから柔軟に発想し、創造し続ける大切さを更に学んだ」

 

大塚 「クリエーターも日々勉強ですよね?」

 

山本 「せやねー、本当に勉強になりました。他の皆さんはザ・振付師なんで、すごい刺激的でした」

 

平澤 「でもさ、ナンバーが違うからすれ違いが多かったな。もっと他のみんなのを見たかった。タカシが苦労しているところぐらいしか見てないんだよね(爆笑)」

 

山本 「ここはカットして下さいよ!」(笑)

 

平澤 「なっちゃんはパパパって付けちゃうけど、タカシが苦労しているのだけは目に焼き付いてる(爆笑)」

 

大塚 「でも、みんなには不慣れな動きだからねえ〜。仕方ないですよ(笑)」

 

山本 「そうなんですよ。平さん!」

 

    一同笑い

 

大塚 「いや〜、大変だったけど本当に楽しかった!」

 

yasco 「ホント楽しそうだよね」

 

打越 「いつもニヤニヤ笑っていて、出会った頃は『バカにしてるよね?心の中で笑ってるでしょ?』って思ったよ」

 

大塚 「いや、違うからね。それに、レイちゃん声に出して聞いてきたよ」

 

打越 「え?そうだっけ?(笑)」

 

木下 「幸太は高校時代の親友なんだけど、あの頃と何も変わらずニコニコしてて笑える。信念も変わらずにいてくれて、こうやって誘ってくれてありがとー」

 

大塚 「なっちゃん、ありがとう〜だよ」

 

山本 「幸太さんは宇宙人ですから!」

 

大塚 「俺はいたって普通人」

 

山本 「初めてあった時から不思議な人だなーって思ってたけど、今でも不思議なんですけど(笑)

    この作品も幸太さんのオリジナリティー満載な作品で、宇宙人ぶりを感じます」

 

打越 「でもね、幸太先生の子供たちへの期待と、向ける気持ちの大きさに度々触れる事で、あのニヤニヤは「見守る」ニコニコ顔なんだって気づきましたけどね(笑)

    作品自体を子供のように愛して育んでる感じ」

 

yasco 「大塚幸太はね、超繊細だからね!その繊細な感性と大胆な破壊力もあって・・・子供たちの事をきちんと信頼してる希有な演出家だと思うよ」

 

大塚 「やっちゃん…みんな…(涙)」

 

平澤 「え〜?褒めすぎじゃない?(笑)」

 

大塚 「おい!平ちゃん!たまにはいいじゃないですか!」

 

yasco 「だから周りに集まる人達もなんとなく同じ匂いがするんだよね。だから楽しかった」

 

大塚 「つまりは、みんな宇宙人なんですよ!」

 

山本 「いや・・・(苦笑)それは…」

 

平澤 「あ!全然話変わるけどさ、この間のユニユニのレッスンの時に思ったの!『あ、いいな!』って『あ。なんかみんな出来てる。出来てる!』って

    すごくいい感じ。このいい感じを持続してくれればなって」

 

大塚 「確かにホント良くなってますよね?」

 

平澤 「この一年ですげー成長したなって思った。ほら、最初からウォームアップとか理屈じゃなくて、兎に角踊らせて、踊らせるんだって

    幸太に言われて踊らせまくったもんな」

 

大塚 「日曜日は6時間ぶっ通しやってますからね。すごいですよ!タカシくんのおかげで結構アクロバティックなことも出来るようになったし」

 

平澤 「いや、いいよ!ホント」

 

大塚 「テクニック的に難しい事に直面して、何が必要かを体感して欲しかったんだよね。やっちゃんが言っていたように技術あっての表現だし。

    その出来ない部分をバンバン感じて、教わるんじゃなくて自分で分析して、研究させたいんだよね。     

    これは演技も一緒。いつまでも子供じゃないし、複雑な心情も演じるべきだし。そもそも人間の心情は複雑だし。台詞を喋るだけなら誰だって出来るし、

    ほとんどの子役がそこ止まりなんだよね〜。大人でも結構いるか。台詞がない時は死んでるしね。台詞はいかに「生」にするかだと思う。台詞がなくたって一緒。     演技なんて、『究極の嘘つき』なんだよな。いかにリアルに嘘をついて本当に見せるか。嘘とバレる演技は逆に嘘。『ザ・お芝居』そうなると、

    いかに演者がリアルに感じて表現するかが重要で、どれだけ板の上で役として生きるかなんだよね。ダンスも歌も芝居心がないのは、その日に忘れちゃうもん。

    やっぱり、心あるモノはずっと心に残る」

 

山本 「熱いっすね」

 

大塚 「やばい。止まらない。まあ、最終的にはいかに演者として、人として魅力的かなんだよ。それが、さっきレイちゃんが言っていた、また一緒に

    仕事したいかに繋がるんだと思う」

 

打越 「ホントそう」

 

木下 「うん。うん」

 

大塚 「あ、もうこんな時間!ではでは、最後にみんなにとってダンス、パフォーマンスとは何ですか?じゃ、レイちゃん」

 

打越 「え?また私?そうね。ダンスはなくてはならないもの!って訳でもないけど、ダンスを通じて全てにおいて学んでるから無くてはならない存在。

    無くなったら学びが無くなってダメ人間になってしまうかも」

 

yasco 「ホント、私の『生きるチカラ』」

 

大塚 「なっちゃんは?」

 

木下 「なんだろー?考えたことないけど、私に沢山の喜びや思考を与えてくれる最強なもの!」

 

山本 「観てもらう前は苦労の連続で、たまに幸せ。で観てもらって苦労した分の幸せが舞い降りてくる…そんな感じですね」

 

大塚 「平さんは?」

 

平澤 「最近、それがわからないんだよね。もう今更夢でもないし。ある意味現実じゃん」

 

大塚 「平さん、長いもんね」

 

平澤 「そうなんだよ。19歳で俳優目指してJAC(ジャパンアクションクラブ)に入ったら、ダンスレッスンがあって」

 

大塚 「そこにダンスがあったから。ですか」 平澤 「そうだよ。ダンスなんてやるつもりじゃなかったんだよ。俺は」

 

山本 「ほー、そうだったんですね」

 

平澤 「ま、そこからだから。やり続けるものかのか?辞めようと思えば辞められちゃうじゃない?でも、やり続けなきゃいけないんだろうし。

    娘も憧れるんだろね、こういう仕事に」

 

打越 「そうなんですね」

 

平澤 「だから、何か魅力があるんだよ。他の職業にない…魅力が」

 

大塚 「職業柄ね」

 

平澤 「そう、芸能界とか舞台だテレビだって特別な仕事って思われるけど、全然なんだよね。現実、ほとんどの人が皆バイトしながらやってるんだよ。

    地道な世界だよね?コツコツとさ」

 

大塚 「でも、平さんは煌びやかでしょ?」

 

平澤 「俺のどこが煌びやかだよ!…俺のハートくらいだよ。煌びやかなのは!(胸元でハートマークを作る平澤智)     

 

一同爆笑

 

平澤 「このハートでユニユニの子供たちを指導していきますよ!」

 

大塚 「よろしくお願いします!みなさんも今後ともよろしくお願いします」

 

一同 「よろしくお願いします」

 

平澤 「今回のメンバーには大人顔負けのパフォーマンスを見せつけて欲しい!子供ってカテゴリーで子供だからいいよじゃなくて大人がオッケー!って

    ところまでやって欲しいな」

 

大塚 「それがスーパースター公演ですから!」

 

■スクール概要

■各種コース

■舞台公演

■講師

■お問い合わせ

■LABO

■ダウンロード

 入会申込
 ミラクル PDF / WORD

 スター  PDF / WORD

 規約PDF

当サイトに掲載されているすべての写真・投稿記事等は権利者の許諾なしに無断で複製や公開、転載、改訂などする行いを固く禁じます。ルールは守りましょう。

スタジオ: STUDIOアムリタ NORTH B1(吉祥寺①スタジオ)

      東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビルB1   地図

copyrights(c)2015 unique union musical All right reserved.